アンタエウスの部屋
トップページに戻る
2017年度〜2018年度 提供個体 
私が、購入した、アンタエウスの出元先
私の虫の出所は、小林氏
 スーパービートルクラブ様、ランバージャック様、DFかぶくわ様です。
 私の拘りのアンタエウス!
3産地
ブータン アンタエウス トンサ ギネス血統
シッキム州 ペマヤンツェ
ナガランド州 ナガヒル(ナガーヒル)
ブータン アンタエウス トンサ  
出所 小林氏
シッキム州 ペマヤンツェ 
出所 小林氏 DFかぶくわ様 
 
インブリード CB(管理3番) CB 2014年度
インブリード 管理2番  F7 F8 2017年度
アウト CB(管理3番)と管理2番の掛け合わせ 
CBF1 
インブリード CBF3 CBF4(累代が一つ上がりました。)
インブリード DFかぶくわ様 CBF5
アウト 掛け合わせ CBF1
ナガランド ナガヒルズ(ナガーヒルズ)
出所 2004年度 小林氏、
ナガランド ナガヒルズ
出所 2017年度 ランバージャック
  WF1
CBF2 小林氏 
三階松きのこ農城様 三階松菌 第3弾および第4弾  2017年度〜2018年度版 ブータン アンタエウス トンサ など
 上記を、クイックしてください。
2017年度は、なんていっても、トンサ

トンサは、2014年度、小林氏から入手して、1世代目の累代から ♂87mm、♀50mmをだして、その♂、♀の交尾で、2017年度、セットして、無事、幼虫を確認できました。CB (管理3番)
とりあえず、ボーズでなくてよかった!!CB (管理3番)
たまに、誤解がある方がいますが、CBF3と言う意味ではありません。
累代 CB 管理番号3番と言う意味です。
これも、私が勝手に付けた番号ではありません。
あくまで ギネス血統 K氏管理番号 3番と言う意味です。
この番号も、今頃付けたのでもありません。
なぜ、3番に CBがついているのも説明できますが、
話が長くなるので、ここでは記載しません。
2001年 当時 F1の時代から、番号管理していた番号です。
F1には、シリアルカードが付いていました。
それ以降は、シリアルカードは、発行されておりません。
小林氏においてギネス血統と言わています。怪物くん血統ではありません。
これも、今の近年、議論するつもりはありませんが、
簡単に特徴が違います。ギネスは、サイズが83mmあたりから、
Rの伸びがあります。
ただ、F1の時代から、もう、16年程、経過している事は考慮しないと
いけないと思います。
あくまで私の場合、3番血統を持っており、
K氏から、2番血統で、血の入れ替えができると言われるまで、
もう、F8やCBでも累代が進んでいるので、正直もうそろそろ、最後かな?と思いつつ
飼育していました。
この度は、棚からぼた餅でした。
2014年度に対して2017年度で、血の入れ替えができるのです。

私の場合 3番に対して、2番を成虫で、購入しました。
ただ、2番管理で、CBがすべて血の入れ替えができる訳ではありません。
逆に、私が東京に住んでいた頃では、1番、2番をもっていたので
今私が飼育してる、3番管理で、血の入れ替えができます。
ですので、時代でなにを持っているかで違います。
ただ、もう、昔の話です。その議論は、あまり意味がありません。
ただ、私からは、これで最後と思い、番号での追及ではなくて、
ブータン アンタエウス トンサ ギネス血統は
小林氏の説明で、あくまで2014年度の入手個体と
2017年度の入手個体で、血の入れ替えができると言う、説明があったので、2番を数ペアを購入して、ブリードしています。
ですので、掛け合わせの交尾をきちんと管理して、今後
あえてきちんと、表記CBではなく、CBF1と表記いたします。


このような事も、ナガランド ナガヒルズ(ナガーヒル)も同じで、これも、
CBからCBF1とはしたものの、もう、累代的にそろそろか??と思っていた最近で
ワイルドの入荷を知り、購入する事にしました。
これも、きちんと入手先に、事情を言って、血の入れ替えも
問題なく、できるようなので、購入する事にしました。本当に助かりました。
人がなんて言っても、ひたすら継続してきたので、良かったなと思っています。
今後のブリードの仕方を考え中です。
インはランバージャック様はWF1です。


このホームページは、トンサ、ペマヤンツェ ナガランド ナガーヒルから、初めました。
K氏と言えば、小ぶりながら、感動した、トンサ!
これもK氏から80mmでも、太い!!!と思った、ナガランド ナガヒルズ
闘牛と比喩されたが、私にとって、なかなか、85mmはでましたが、
85mmUPが難しい、ペマ!!
最終的には、初めに戻るのでしょうね。
その間、ずいぶんいろんな産地のブリードをしてきたな〜〜〜〜
と思います。

また、ナガランド州 ナガーヒルですが、ナガヒルズとは、発音が違うのですが、
ガントクをガントックと言われるように、
同じ事のようです。回答がありました。
お忙しい中、有難うございました。
2017/11/11
 ランバージャック様から、ナガランド ナガヒルズ
が到着しました。
しかも、WF1
サイズは小ぶりな感じ?との事で、拝見しました。

はやく交尾させて、幼虫がほしい!!!!!

72mmくらいですが、WF1なんで、ここから、まずは、大きくします。
時間が、たっぷりあるので、楽しみがある個体でした。
さて、まず、どうするか?
待つしかない、2018年度まで!!
お世辞にも大きいなという感触はないですが、特徴は、でていると思います。
大きくするのも、ブリードの醍醐味!
楽しさの一つです。
ここが、最近、薄れているような気がします。
それより、楽しみ倍増!!なんと、今回!!
●● いえないです。
ランバージャック様 有難うございました。

どうなんでしょう?ナガランド ナガーヒル(ナガヒルズ)は
2004年頃 F1で、K氏から、2Paを購入
ひたすら、血の入れ替えもしましたが、標高の高い産地と
違って、大きくならないと、ほとんどの方が、止めてしまいました。
私は、ただ、好きな形ですので、みなさんと逆行する
かのように、ここまで、続けてきました。
もう、大きさしか興味がないような??
ある方は、拘りとか、好きな産地とか別に、
ただ、大きくなると言うだけで、他のアンテは止めて、
ブータンしか、ブリードしないと言う方も
いる程で、そんな時代かな??と思っております。
私も、ここで、ナガランド ナガヒルズで入荷があるとは驚きましたが、
こんな、こともあるんですね。
また、新しい風のようなアンテの購入の為、少しずつ貯めて、
貯金でもします。
この度は、ナガランド ナガーヒル WF1を購入した気分ですが、
この気持ち、しばらく忘れていましたね。
なぜか、ワクワクしますね。
教えない添加剤と自慢している方は
どうでも良い気がします。なぜって?
この理由(添加剤?)をしって、同じ事をしないと、おそらく
同様に大きくならないと思います。
そんな事、極普通に思います。
昔なら、お!といろいろ、添加剤のようなものも、
高価でも購入しましたが、いろいろ、やっても、消費の方が
先になり、結構お金を使ったでしよう。
実際 私も多少、そうでした。
それより、いろいろ、餌、飼育商品もお金もかかるので、
やってられません。
もう、成功しても、麻痺等や、短命?といろいろ、
噂をお聞きしています。
私は、最近、もう、大きさをある程度、諦めて、
生体を考慮してみると、やってみたい虫が沢山
ありますね。
ですので、私は、敢て添加剤は、使用しません。
真剣に考えて、実行すると、お金無くなりますし、
時間の無駄です。またノイローゼになりますよ。
それでも、って言う方は、頑張ってください。
ただ、時代は進んでいます。ワイルドもそこそこ、
入荷してますしね。

ここ1年程では、私的に、それで、85〜87mm 十分です。
ただ、あくまで、趣味として、90mmを目指し大きくしたい。でも
私は、好きだから、3産地をブリードしています。
この3産地は、拘りです。ブリードの仕方も敢て拘りですね。

ナガランド ナガーヒル(ナガヒルズ)を見て
そろそろ、時代もあたらし時代が来たような気がいたします。
累代の浅い個体も、私のように、頭が堅い私
より、おそらく若い方々は、累代の浅い産地の方が
興味があるのかも知れません。
その中で、私は、ナガランド ナガヒルズを入手して良かったと思います。


tonnsa 
 ガントク CBF1

K氏から購入した、ガントクに、
ホビー倶楽部様から、購入したガントクで
血の入れ替えを、2016年度しました。

1本目、GT555 18℃ 44g

ここまでも長いが、ここからも、長いですね。
でも、早期羽化かもしれません。
早期羽化は、困ったことですが、
伸ばす、経験を気が付きましたが、
どうなることやらね〜〜〜
 
 2016年度 第3弾 2回目

1本目から2本目交換時 PP1400 49g
(2017/10上旬)

50gまで、ううう。残念 後 1g
これは、トンサ CB(3番)
CBF3と言う意味ではありません。

暴れて、落ちそうになったので、急いで、1回だけアワテテ撮影したので、斜めの画像ですみません。
、まさか、斜めだとは??今後は、40gでも50g付近でも、幼虫画像の、幼虫は、デリケートなので?今後は撮影するのは、止めようと思います。
これは、1本目でGT555
すぐにGT866に投入
 トンサ 2番の♂に、CB (3番)50mm♀で、交尾させて
血の入れ替えを行いました。右の画像

♀は、GT555で、羽化した個体です。

セットは、上記の累代と、この度、得られた、3番 ♀と、3番CB(87mm)の累代もセットして、2番同士の累代も、セットしました。

2番同士で、まず、♂を大きくしないと!!
 
 ブータン アンタエウス トンサ 純ギネス血統
各アンタエウスの部屋  
 2018年度から、ブリードをする産地
、主に、累代の付け方等を、もう、少し記載してみました。
今後の事を参考にされて、計画的にいブリードの参考にしてください。
 ブータン アンタエウス トンサの部屋
シッキム州 ペマヤンツェの部屋
ナガランド ナガヒルズ(ナガーヒル)の部屋
2017年度〜2018年度 提供個体 
  Nゲージ KATO オハ14 スハフ14 オハフ15 合計11両