2000年度~2004年度のアンタエウスのほんの一部 
 トップページに戻る
 アンタエウスの部屋へ
小林氏のホームページには、2000年度~2004年度に、入荷または、採取して、日本に持ち込んだアンタエウスの一部の画像が、載っています。 
いわゆる、アンテブームの頃でしょうか。
アンタエウスが、何十万~数十万した、時代です。

ご参考にしてください。
ただし、一部に過ぎません。
標本箱から
ブータン アンタエウス トンサ(一番→が、F1)
ナガランド ナガーヒル 一番 左が、F1
 
シッキム州 ペマヤンツェ 一番左がF1