過去の見出し
トップページに戻る 
2017/8/12 
 2017/8月、第2回目のオークションを、出品しております。後、トンサで、出品で、とりあえず、成虫は、最後となりました。(しいていえば、1Pa???)後、幼虫での出品するか、どうか?でたとしても、トンサ 或いは ナガランド 5頭セット??本筋は、第2弾の羽化待ちです。また、これで、最後のセット、西シアンは、秋セットで、終了します。今日から、お盆です。暇な時間があるので、明日は、餌交換や、飼育整理ですね。北海道も、熱い日が続いております。北海道では、20日、お盆を過ぎると、もう、秋に近すぎます。はやく、ブリードの負担が軽減する季節がくる日が待ちどおしいです。
2017/8/8 
2017/8月、第2回目のオークションを、出品しております。これで、そろそろ、終了かも、知れません。ガントクの♀は、付ける♂が居なくて申し訳ありません。まだ、終令なんです。羽化がまだなんです。なかなか、計算的に飼育したつもりですが、2年型は、ペアにするのは、難しいですね。コマ目にセット!!しかない!!(2018年度以降、中止を検討していたので、2016年度セットをしなかったですので、当然の結果です。)後、1Pa+1♀で終わりでしょう。これからは、2017年度、羽化待ちです。まだまだ、終令も居るし、蛹もいます。でも、おそらく、羽化して、もう、きちんと成虫になるのは、秋頃は過ぎるでしょう。しばらくは、幼虫飼育に専念いたします。トンサも、血の入れ替えした、CBF1も、います。今年は、形に拘らず、最後に非常識的な、ものも、少し付け加えたいと思います。基本は同じなんですが。。。。。。話は変わり、今、台風が、北に向かって、進んでいるようです。すぐに発送準備いたしますが、台風の影響がある場合は、発送を、遅れる場合があるかも知れません。ここで、お詫びいたします。
 
2017/8/3 
 2017年度、2018年度の羽化すべく、幼虫は確保しました。いつも反省するのですが、かなりのセットとなりました。最近、数を抑えていましたが、良い幼虫にあたる為、例年より、その分、幼虫も多くなりました。これから、振るいにかけます。ですが、寄り道なしで、3産地です。今年のメイン、トンサです。早期羽化で、1年、長いのでは、2年?長い幼虫期間ですね。ブータン アンタエウス トンサ 三階松菌、第3弾で、87mmまで、きましたので、この87mmを種親として、交尾させました。86mmも種親、予備としましたので、予備を含めて3頭は、低温管理金庫にて、省エネモードとしました。先日から、オークションで、出品いたしました。興味がある方は、ご検討ください。どうぞ、宜しくお願いいたします。ただ、現在 非常に大きい台風が、九州から北上してきています。それにあたると、えらい事になりますので、台風の状況を考慮して発送いたします。ここ2年、雨がふると水害が頻繁に起きます。温暖化???真剣に考えないと、素人凡人ですらそう思います。
2017/7/28 
 今年は、なんていっても、トンサの年として、なんとか、無事、イン、イン、アウトの幼虫も採取もできて、もう、すでに、菌糸PP800に投入いています。2017年度の羽化は、まだ、少し時間がかかりそうです。でも数頭は、サナギになっています。楽しみです。しかし、第3弾、の羽化ですが、どうなるか???期待と不安と、心配(羽化不全)で一杯です。また、今回、2017年度以降の事を考慮して、産地を検討し、本当に悩みましたが、3産地に絞ってブリードする事にしました。補足では、ナガランド ナガーヒルは、セットしました。獏産でした。また、その他で、オークションも、考えておりますが、詳しい事は、2017年度~2018年度提供個体にて記載しておりますので、参考にしてご検討ください。(SP-7 Y-1 Y-2)どうぞ、宜しくお願いいたします。
2017/7/22 
とにかく、北海道でも、今年は超暑いです。なんとか、もう、ほとんどが、23℃管理以上となります。(1台は、冷やすモノのは、大事な幼虫が!)雨がふると豪雨で、本州は、大変な事が起きております。まだまだ、なにが起きるかが、全く予知できない危険がいっぱいな、今日頃ごろです。はい、異常気象ですね。北海道では、昔から、20日お盆を過ぎると、秋風が吹くと言われております。アンテでは、いろいろ、考えて、特に3産地にしぼり、重点的に飼育したいと思っております。秋には、第2弾で、長い幼虫期間を得て、数頭、羽化してきます。これが、楽しみなんですが、不安もあります。でも、いろんな事も、解ってきていると勝手に喜んでもいます。体重を減らさない方法が、解ったような気がします。後は、最後の段階でどうするかを??勉強しないといけません。標高の高い産地は、サイズを狙うのであれば、一般的に有利と言われております。私の場合、トンサ、ペマヤンツェにあたります。あ!ガントクもそうですね。
 
2017/7/14
今年は、トンサの年で、去年の秋、早々と、セットいたしました。その結果、CBF1の幼虫も確保しました。この秋?数頭羽化?して、今年は、おそらく終わりでしょうか?数も、かなり減らしております。ただ、ペマのCBF5は、10頭確保しました。
最終的には、トンサ、ペマ、ナガランド(検討中)だけを飼育したいと思っております。ウエストガロは、2♀いたのですが、1回目、幼虫を採取できましたが、すぐに、2回目セットでは、もう、幼虫は採取できず。♀も、現段階で他界しました。残念です。確かに、10頭程、幼虫は、いますが、ここ最近、種親も他界、インも、入手できない状態となり、提供は、しない方がよいのではと思っております。一度、全部、出元先にもどします。そこで、インにもう、一度交尾させたいのですが、現実にできるか?どうかは、わかりません。待っていた方も、いるようですが、大変申し訳ありません。