2015年度 野外採取 エゾミヤマクワガタ 飼育記
トップページに戻る 師匠と私で! 
師匠と、私で、これこそ、楽しんで飼育する事にしました。自然と楽しめる、気分転換の意味です。でも、飼育の過程で、幾つかの、難題もあるでしょう!!!でも、楽しんで!!と考えております。 
 2015年度、未定 道南で、ミヤマ採集時での毒蛾湿疹で本当に大変でしたが、その後、治る期間が1カ月も、かかりました。今年は、おこずかいも、少ないので、せっかく、2015年度、採取した生体を、セットに入れました。そこそこ、幼虫が、初令から採取でき、ほっとしました。そこで、2015年~2016年度、師匠と、このエゾミヤマをブリードしたいと思います。
私にとっては、ほとんど、始めた事が記憶にあるような、無いような、でも、
チャレンジしてみます。
マットですよね???どのマットを使用したら良いか、う~~~わからない!!!
2015年度、採取、エゾ型ミヤマクワガタ
 私は、さて?どうしようか?